コストを下げる

複合機の利用方法と手段

複合機とはコピー機と用途こそ同じですが、ランニングコストや印刷過程、メンテナンスまで異なりがあるため学校や会社では、主に複合機を使うことが多いかと思われます。複合機を使用したい場合、買取やレンタル、リースという選択手段があります。どのような場所でどのくらいの期間使用するのか、または使用頻度に応じて選ばれることが望ましいでしょう。複合機は精密機械ですので、買取となればそれなりのお値段もかかります。長期的な使用としてリースを選ばれる方もおりますが、途中解約ができないなどの契約事項があります。そこで短期間での契約が主ですが、メンテナンスや使用上使い勝手が良い商品を得るためにレンタルを選ばれる方が多くおられます。

ランニングコストを抑えたレンタル

複合機とはコピーやFAX、プリント機能などその名の通り複数な用途をまとめた精密機械です。そのため、保守に関わるメンテナンスはとても重要です。契約にもよりますが、レンタルを使用した場合、契約期間内の保証をする期間保守、印刷枚数や修理代などのカウンター保守などバックアップ体制も万全なことが多く、安心して使用できるというメリットがあるでしょう。複合機の法定耐用年数は5年と定められているので、短期で契約できるレンタルはその点についても選ばれる理由の1つです。ご存じのとおり印刷機ですので、ランニングコストはかかります。しかしそれもまたレンタルであれば必要最小限に抑えることも可能です。ぜひ1度使用頻度を考えた上で、お電話などでご相談されることをお勧めいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加